地域によって異なる葬儀のマナーと作法をおさらいしておこう!

  • 一般的な葬儀の料金についてはどんなもの?

    ・一般的葬儀の費用の平均
    平均としては100万~200万程度の料金が掛るといわれています。この料金は3つに主に分けられますが、飲食代金、葬儀費用そのもの、寺院に支払う料金となっています。
    これらが葬儀費用の基本になるため、人数が少ない場合や、葬儀をしめやかに行う場合などは更に費用が抑えられるケースもあります。
    また他にも地域によっても違いがあります。西宮、尼崎といった地域と、他の関西圏などでは料金に違いが生まれる場合もあります。
    こちらに関しては細かく比較することで初めて分かるケースもありますが、基本的には地域によって料金体制が違うということを理解しておくと良いでしょう。

    ・葬儀業者を賢く利用する
    最近は様々な葬儀のプランなどがあるので、利用する際は葬儀プランなどを検討してみるのも良いでしょう。
    その利用の一つとして「追加費用」が一切掛らないなどのプランもあります。一般的には葬儀業者を利用し、様々な追加費用が掛る場合が殆どですが、プランなどの場合はそういった部分が緩和されている場合があるので賢く利用しましょう。

    ・葬儀費用だけが大切ではない
    料金について細かく伝えてきましたが、葬儀の費用だけが全てではありません。故人の方がどういった葬儀を求めているのか、また家族になるべく負担をかけたくないという思いがある場合は、あまり費用を掛けなくても構いません。
    生前の際に聞いておくことも大切ですが、お金だけが全てではないということを理解しておきましょう。

top