地域によって異なる葬儀のマナーと作法をおさらいしておこう!

  • 葬儀の形は人それぞれ

    ・葬儀の形と現代の流れ
    現代において、葬儀の形は非常に様々になっています。昔と違って大きく異なるということではありませんが、故人の気持を汲み取って行うというスタイルも定着しています。
    またエリアによっても大きく違いがあるということも理解しておきましょう。
    故人らしい葬儀をしてあげるためには、葬儀業者と事前に良く相談しておくことが大切です。
    また故人自身が事前にそういった要望を自分が亡くなった際に行ってもらうように相談しているケースも増えているので実際のケースとしてはそれ程慌しくなるということはありません。
    具体的な形式で言えば、葬儀の際に故人の好きだった音楽やビデオや記念品などのコーナーを設置したりします。
    他に形式にこだわらず、自由な発想で(故人の好きなやり方を再現)行う自由葬というものなども定着しつつあります。
    この自由葬では音楽の生演奏などが行われたりします。

    ・葬儀の形も様々あるということを理解する
    葬儀の形も非常に様々です。実際に多くの形があり、また関東圏と関西圏でも大きく葬儀の流れも異なります。
    エリアについての補足として具体的にいえば、東京と関西の尼崎や西宮では葬儀の形も大きく異なる場合があるので注意しておきましょう。

    さらに注意しておきたいことは、故人の気持を尊重することです。実際には費用のことなどを気にするケースもありますが、故人にとって最も良いという方法を選択する(故人によって事前に決まっている場合もあります)ことが大切です。

top