地域によって異なる葬儀のマナーと作法をおさらいしておこう!

  • 気をつけた葬儀の際の服装について

    ・葬儀の際の服装のマナー
    葬儀を予想するということは殆どできません。その為服装についてのマナーは最低限の知識が必要です。
    地域特有の形式などもあるので、葬儀参列の際は事前のチェックも必要です。具体的には関西圏の西宮、尼崎といったエリアと、九州エリア、関東エリアなどでも形式が異なるので注意しましょう。

    一般的には葬儀に参列する際は、男性は上下ブラックスーツ、女性も同様に上下ブラックのスーツやワンピースなどが必須です。
    女性の場合はマニキュアなども気をつけることが一般的なマナーとされているので注意しましょう。(緊急の場合は仕方がありませんが、基本的にはマニキュアはNGです)
    また厚化粧もNGとなるので、薄めのメイクに切り替えましょう。

    また身に着けるアイテムとしては男女共有で、派手目のもの、光沢類は控えましょう。こちらは基本的なマナーなので要注意です。
    ※時計なども外しておくほうが無難です。

    ・急な場合の服装
    葬儀は急に訪れます。予測をすることは不可能なため、突発的に起こってしまった際はカジュアルすぎない服装であれば基本的には問題ないといわれています。
    ただし、サンダルなどのラフな場合は必ずシューズに履き替えることが原則とされています。

    小物などもなるべく持たないようにし、急な場合であってもコインロッカーや事前にどこかに預けておくという形をとると良いでしょう。
    急な場合のマナーも凄く大切なので、その辺りの知識は事前にチェックしておくようにしましょう。

top