地域によって異なる葬儀のマナーと作法をおさらいしておこう!

  • NGマナーについてチェックしよう!

    ・知らないケースが多い葬儀のマナー
    地域によっても葬儀のマナーは大きく異なりますが一般的なマナーについてチェックしておきましょう。
    例えば西宮、尼崎といった関西圏と関東や北関東などでも葬儀の形が違うので注意しましょう。
    基本的なマナーとしては「洋式服装」での参列は日本においてあまりオススメされていません。※推奨されていないので和服の方が良いでしょう。またカジュアルな服装が無難です。
    服装については細かな決まりごとなどもありますが、基本的にはラフな服装やカジュアルな服装ではなく、上下黒のスーツ、落ち着いた色のワンピースなどのシンプルなもので統一すると良いでしょう。

    ・急なケースの対処法
    葬儀は突発的にあるので誰もが事前に準備できるわけではありません。もしもの場合は「服装」「靴」「メイク・髪型」などを気をつけると良いでしょう。

    服装については光沢を抑えた物が絶対です。続いてサンダルなどの靴などはNGです。また軽装、カジュアルすぎる場合は着替えるなども良いでしょう。
    他にも毛皮類などを身に着けることもNGとされています。

    メイクについても厚化粧は控えましょう。ナチュラルメイクを心がけ、髪の毛も後ろで一つにまとめることが一般的です。
    また香水などもNGです。女性の場合は基本的には落ち着かせていけば殆ど問題はありません。

    バック類はブランド物などを控え、光沢のないポーチなどが無難です。そういった形のバックが無い場合は持っていかないほうが良いでしょう。

    細かなマナー等はありますが、葬儀参列の際は注意することが大切です。

top