地域によって異なる葬儀のマナーと作法をおさらいしておこう!

  • 故人らしい葬儀をしてあげることも大切

    ・最近の葬儀の傾向
    エリアによって葬儀の形も様々変化します。具体的には関西圏の 西宮・ 尼崎の葬儀 と関西圏の葬儀スタイルでは大きな違いがある場合もあります(宗教や宗派などの違い)
    葬儀を行う際は宗教の違いや故人の思いなどによっても異なるということを理解しておきましょう。
    さて、具体的な最近の傾向としては大きく下記の様にに分かれています。

    「火葬のみ」「家族葬儀」「自由葬儀」「1日葬儀」という流れが非常に多くなっています。
    人によって本当に様々ですが、葬儀の違いについてもチェックしておくと良いでしょう。

    ・それぞれの特徴についておさらい
    「火葬のみ」…これは別の言い方をすると直葬といいます。具体的には火葬のみを行うスタイルのことです。
    火葬だからと言って葬儀の形が駄目だと判断しないでください。直葬は身寄りの居ない方、葬儀に費用をかけたくないという故人の思いから行われるものだということを理解しておきましょう。

    「家族葬儀」…ごく親しい人たちだけで行われる葬儀のことをいいます。この家族葬儀はゆっくりとお別れをおこなうことができるので、故人と最後の時間を共有することができるスタイルです。

    「自由葬儀」…非常に増えてきている葬儀の形です。故人の好きな音楽、ビデオ、記念品などを設置したりし、お別れ会のようなスタイルで葬儀を行ったりします。
    制約がなく自由なスタイルな為、葬儀としては最も現代向けとなっています。

    「1日葬儀」…葬儀には沢山の費用がかかりますが、最近は負担を避けるため、故人の方が事前に伝えている場合などもあります。
    葬儀の費用が無駄ではありませんが、なるべく負担をかけないというスタイルも定着しています。

top