地域によって異なる葬儀のマナーと作法をおさらいしておこう!

  • 宗教や地域によって異なるマナー

    ・葬儀のマナーのポイント
    宗教、地域によってマナーは大きく異なります。
    具体的に言えば西宮、尼崎といった関西圏と、関東の地域などでも細かく違いがあるので、葬儀に参列する場合は事前のチェックを忘れないようにしましょう。
    宗教などによっても形式が大きく異なるため要注意です。

    ・供物・供花の違いをチェック
    仏式の場合…供物が線香、ろうそく、など
    供花が、ゆり、カーネーション、胡蝶蘭、主に故人の好きだった花など。

    神式の場合…供物が海産物系、お酒、お菓子等
    供花が、仏式と同じタイプの花、もしくは白・黄色系の花

    キリスト教式の場合…供物は主になし
    供花が、白い花など

    こういったように葬儀の形式によってもスタイルが大きく異なるので事前のチェックを忘れないようにしておきましょう。

    ・覚えておきたい子供が参列する場合のパターン
    お子様が葬儀に参列する場合は男女関係無く学校の制服が最も良い服装とされています。学校に制服が無い場合は、カジュアルすぎないシンプルな服装、派手ではない落ち着いた形の服装などが良いでしょう。
    またその際に金や銀や光沢がベースとなっているボタンなどがちりばめられている服装に関しては着せないようにしておきましょう。
    故人よりも目立つような服装はマナー違反とされているので注意が必要です。

    ・葬儀のマナーが分からない場合は調べる
    これは最も大切なことですが、もし急な葬儀の参加の場合は現状と服装などを伝え、必ずマナーや作法について最低限の質問をしておくと良いでしょう。
    小さな心がけが、葬儀の際に大切になるので気をつけることをオススメします。

top